心療内科の選び方

さて、皆さんはご自分が病気になった場合にどんな先生に診て欲しいですか?

心療内科にかかる患者さんは、病気は病気でも、心の病にかかっている状況です。

心の病は、他の一般的な病気よりも、医師の先生との信頼関係やコミュケーションがより必要な病気です。

ですので、心の病は、例えば風邪をひいてクリニックに行ったときのように、単に診察してもらって、お薬を処方してもらえばいいという訳にはいかないのです。

それでは、心の病気にかかったときに行く心療内科を選ぶときのポイントをいくつかあげてみたいと思います。

心療内科専門医であること

まず心療内科専門医であることが重要です。

心療内科専門医ということは、複数の診療科の中に、心療内科や精神科を掲げているクリニックではないということです。

また、通常心療内科専門医でしたら、『精神保健指定医』や『日本精神神経学会認定専門医』の資格を掲げているかと思います。

医師には専門分野があります。

例えば眼科、整形外科、循環器内科や外科などです。

もし、複数の診療科の中に、心療内科や精神科を掲げていて、かつその心療内科を掲げる医師の経歴に『精神保健指定医』や『日本精神神経学会認定専門医』の資格がない場合には、心療内科や精神科について、“ついでに診察”している可能性が高いです。

また、こうした医師は、精神薬についての知識が低い可能性が高く、安易に依存性の強い薬を処方してしまう危険性があります。

クリニックを選ぶときには、心療内科を専門に掲げているクリニックを選びましょう。

親身になって患者さんの話を聞いてくれる先生であること

心療内科にかかる患者さんは、こころの病をかかえている訳ですから、他の診療科とは異なり、より医師の先生とのコミュニケーションを望んでいます。

このため心療内科の先生が、親身になって患者さんの悩みを症状を聞いてくれるかどうかということがとても重要です。

またどんなに評判がいい心療内科の先生であっても、患者さんとの相性もありますので、患者さんは自分と相性のいい先生を選択すべきでしょう。

依存性の高い精神薬を出さない先生であること

心療内科では時として非常に強く依存性の高い薬を処方する先生がいます。

知り合いの心療内科の先生にお聞きしたところ、こういった強い薬を安易に出す先生は、すべてとは言い切れませんが、最終的にその患者を治そうとするのではなく、ずっとその薬に頼らなければならない状況にするためにその薬を処方している可能性が高いとのことでした。

つまり患者さんは依存性の高い薬のためにずっと通院し続けなければならないことになります。

私の友人のお母様も一時精神科にかかったことがありましたが、お聞きしたところ、あまりにも強く依存性の高い薬を服用して廃人になる直前にさせられたという経験があるとのことでした。

その後、クリニックを変えたそうですが、新しい先生は依存性が低く、副作用も少ない漢方薬を中心に処方してくださった結果、劇的に症状が改善したとのことでした。新しい先生は非常に信頼できる先生であったそうです。

error:保護されています!